炭酸パックをつかってみました 体験

炭酸パックをつかってみました 体験

最近ではパックにもいろんなものがあります。「泥パック」というのは一昔前からありますが、新しいところでは「炭酸パック」でしょう。その炭酸パックを遅まきながら使ってみました。
手に入る炭酸パックのタイプとしては、ジェル状のところにパウダーを混ぜる2剤タイプのものと、混ぜる必要がない1剤タイプがあるようですが、効果が高いのは2剤タイプと聞いたのでそちらを試してみることにしました。
まずふつうに洗顔しました。そのあと顔を冷水か冷たくしたタオルで少し冷やします。これは顔が冷えていたほうがその後の炭酸パックの炭酸威力がよけいに発揮できて効果が出るからだそうです。

 

いよいよ炭酸パックの出番です。ジェル状のものにパウダーを混ぜます。このパウダーが発泡剤になっていて炭酸ガスを発生させます。混ぜるときのコツは、あまりしっかり混ぜないこと。しっかり混ぜすぎるとすぐに炭酸ガスが発生してしまいますから、さくっ、さくっという感じで軽く混ぜましょう。できたらジェルを顔にパックしていきます。私が使った炭酸パックは「目の周りにも使える」とあったので、目の周りもしっかりパックしました。20分くらい放置したら、炭酸パックをスパチュラで取ります。私は取り除いた炭酸パックはがさついていたデコルテ部分に再度使いました。
その後化粧水等でいつものお手入れをして完了です。顔もデコルテも肌が明るくなっていました。”

 

関連記事

  1. はじめての炭酸パックで明るくなった肌